重ねて楽しむ 秋のワンピースコーデ

ファッション

夏は、1枚でコーデが決まるのがうれしいワンピース。そんな綿や麻の薄手の素材のワンピースでも、上にカーディガンを羽織ったり、ボトムを重ねたりして秋も着こなしを楽しむことができますね。
今回は、重ねて楽しめる秋のワンピースコーデについてご紹介します。

1.カーディガンを羽織る

秋の気配を感じたら、ワンピースの上にカーディガンを羽織ってみるといいですね。カーディガンは持ち歩きしやすく、昼間は暑くても、夕方には急に肌寒くなることが多い秋口にはぴったりです。

ナチュカラ リネンノースリーブワンピース

 


出典: https://www.rakuten.ne.jp/gold/melodyhouse/

こちらは、リネン素材のノースリーブワンピース。ウエストから下に向かってふんわりとしたデザインが、程よいアクセントになっていますね。上身頃がすっきりとしたノースリーブなので、甘くなりすぎず、大人かわいい印象です。上にカーディガンを羽織るだけでなく、長袖インナーなどを重ねて長く活躍してくれそうです。

2.インナーを重ねる

ノースリーブやキャミソールタイプのワンピースは、長袖のシャツなどのインナーに重ねると、秋にも活躍してくれます。

D*g*y リネンワンピース



出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/andit/ 

こちらのノースリーブタイプのワンピースは、夏は一枚でも着られて、これからの季節は、襟付きのシャツやカットソーなどを重ねられるのが嬉しいですね。素朴なリネンの風合いと、丸いバルーンシルエットがナチュラルでかわいらしい印象です。

3.羽織ものとして着こなす

シャツワンピースなど、ボタンダウンのワンピースや、カシュクールタイプのワンピースは、軽めの羽織ものとしても利用することができます。コートほど重たくなりすぎず、暑さの残る秋口にも活躍してくれます。

Prit カシュクールワンピース



出典: https://www.rakuten.ne.jp/gold/cpoint/

こちらは、薄手の生地を使用したカシュクールワンピース。秋口には軽めの羽織として利用できますね。軽やかな生地をたっぷり使用していて、さっと羽織るだけでコーディネートが決まります。まだまだ日差しの気になる秋口でも、さわやかに着こなせそうです。

eco loco オリジナル ノーカラーシャツワンピース



出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-ecoloco/

こちらは、リネンの風合い豊かなシャツワンピース。ゆったりとしたサイズ感で、ライトアウターとして活躍してくれそうです。袖をロールアップすると、気温差のある秋口にも対応できますね。寒くなったら下に着込んでストールやブーツを合わせて…おしゃれの幅が広がりそうです。

4.ボトムを合わせて着こなす

少し肌寒くなったら、レギンスやデニムなどを重ねてワンピースの着こなしを楽しみましょう。

ナチュラルセンス 五分袖 ワンピース



出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/natusen/ 

こちらは、ショップオリジナルのコットンリネン生地を使用したワンピース。ポケットの部分についているギャザーがかわいらしい印象です。春夏に使い勝手の良い五分袖ですが、暑さの残る秋口にもぴったりです。レギンスやデニムを重ねて、インナーにタートルネックやシャツを合わせてと、長く着られそうです。

Eco loco ダブルガーゼ裾切り替えワンピース



出典:https://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-ecoloco/ 

こちらは、ふんわりとしたダブルガーゼ生地を使用したワンピース。吸水性に優れ、通気性の良いガーゼ生地は、1年を通して心地よく着られる素材です。くたっとした風合いや、ほどよいコクーンシルエット、さりげない裾の切り替えやポケットなど、ナチュラルな可愛さがたくさん詰まったワンピースです。インナーやボトムスを重ねて、秋冬も活躍してくれそうです。

まとめ

ワンピースを1枚で着るには少し肌寒くなってきたら、カーディガンを羽織ったり、インナーを工夫したり、ボトムスを重ねてみたり…色々な着こなしが楽しめそうです。
あなたのお気に入りの着こなしを探してみてくださいね。

ナチュリ編集部

172 views

「自然体で心地よく暮らす」をテーマに、ナチュラルなファッションや着こなし、日用品をご紹介するライフスタイルメディア「ナチュリ」の編集部です。

プロフィール

関連記事一覧