暖かさと軽さが嬉しい キルティングコート

ファッション

2枚の布地の間に綿などを入れて作られたキルティング素材は、軽くて保温性が高いのが特徴。

そんなキルティング生地のコートは、厚手のコートやダウンにはまだ早いけど、薄手のコートでは寒い…という時期にぴったりです。生地の厚さや中綿の種類によっては、重ね着して真冬にも活躍してくれます。

また、しっかり重みのあるコートやボリューム感のあるダウンに比べて、薄手で軽く、脱ぎ着しやすいのも嬉しいポイントです。

今回は、気軽に着られるキルティングコートをいくつかご紹介します。

 

取り扱いが楽なショートタイプ

ショートタイプのキルティングコートは、気軽に羽織れて、暑いときには脱いで手に持っていてもさほど邪魔に感じないなど、取り扱いが楽なのがポイントです。皺になりにくいのも嬉しいですね。

eco loco オリジナル キルティングフードショートコート


出典:ecoloco(エコロコ) 

綿混のふんわりとした肌触りの良い生地を使用したキルティングコート。
ベーシックなデザインでどんなコーデにも合わせやすく、ヒップにかかるくらいの程よい着丈で、パンツでもスカートでも相性良く着こなせそうです。

大きめのポケットやフードが大人かわいいですね。
 

Afternoontea リバーシブルタータンチェック柄キルトコート


出典:Rakuten Fashion 

Afternoonteaオリジナルのタータンチェック柄を使用したキルトコート。リバーシブルになっているので、その日の気分で選んで着ることができますね。無地の面を表にすると、折り返した袖口やフード部分から覗くチェック柄がキュート。中綿には、太陽光などから発せられる赤外線を熱エネルギーに変換して、発熱・保温する高機能中綿素材を使用しているそう。おしゃれなだけでなく、機能的なのも嬉しいポイント。
 

URBAN RESEARCH ITEMS 瓢箪キルト中綿ブルゾン


出典:Rakuten Fashion 

ひょうたんようなキルティングデザインが可愛いブルゾン。丸みを帯びたシルエットが大人かわいいですね。
中に着込むこともできますし、冬場はインナーコートとしても使用できます。今の時期から春先まで、長く使える一品です。

 

しっかり暖かいロングタイプ

腰や太ももを覆ってくれるロングタイプは、しっかり寒さを防いでくれます。ショート丈に比べると重さはありますが、出先で脱いでも取り扱いしやすいのも嬉しいポイントです。
 

イーザッカマニアストアーズ Unionツイードキルティングコート


出典:イーザッカマニアストアーズ 

表地にツイード素材を使用したキルティングコート。見た目にも暖かみがあり、適度なカジュアルさときちんと感を兼ね備えたコートです。裏地をキルティング生地に縫い付けない2枚仕立てにすることで、従来のものよりも保温効果を高めているそうです。動きやすいのに、すっきりと見えるシルエットなのも嬉しいですね。
 

ORCIVAL (オーシバル/オーチバル)キルトカラーレスコート


出典:サンテラボ 

高機能中綿(サーモア社)を使用したノーカラータイプのキルトコート。表地には、高密度のタイプライター生地を使用していて、しなやかな肌触り。程よい光沢感もあって、カジュアルすぎない印象です。今の時期は軽めのコートとして、冬場にはコートのインナーにも使用できて着回し力の高いアイテムです。
 

ARMEN コットンキルトコート


出典: WOODY COMPANY

フランスのワークウェアブランド、ARMENの定番コットンキルトコート。素材に洗いをかけてふんわりとした生地に仕上げてあります。また、わずかにポリエステルを混ぜることで、軽いストレッチ性もあるそう。

くたっとした質感がナチュラルで、大人かわいい雰囲気です。出先で脱いだりする時にも、皺になるのを気にせず、気軽に取り扱えそうです。
 

まとめ

今回は、気軽に羽織れて暖かいキルティングコートをいくつかご紹介しました。

薄手なのに暖かくて動きやすいキルティングコートは、普段使いにぴったりのアウターです。フード付きタイプは首元まで暖かく、ノーカラータイプはマフラーなどを巻いてももたつかないのが魅力ですね。

また、機能性のある中綿を選んだり、コートのインナーとして着たりすると、冬場も十分活躍してくれます。

お好みのデザインや素材を選んで、秋冬のコーディネートを楽しみましょう。

ナチュリ編集部

506 views

「自然体で心地よく暮らす」をテーマに、ナチュラルなファッションや着こなし、日用品をご紹介するライフスタイルメディア「ナチュリ」の編集部です。

プロフィール

関連記事一覧